About lab.

資源や環境の有効な利用について、特に人の振る舞いに着目した研究を行っています。

持続可能な発展において、資源の有効利用が重要なことは、誰もがわかっていることです。一方で、個の合理性にもとづけば、これは簡単に実現できることではありません。

たとえば、水道のない途上国の村では、池の水も重要な水源です。しかし、池のそばにあるトイレがきちんと管理されていなかったり、ごみを捨てたり、濾過しても飲めないほど水が汚染されてしまっていることが少なくありません。

離れたところにある川から取水して、水道を建設し、村に水を供給するという開発プロジェクトが実行されれば、飲料水の不足は解決するでしょう。しかし、水は目の前にあるのです。なぜその資源を有効に利用することを考えないのか、これは開発に携わろうとする我々に対する問いでもあります。

水や森林といった資源や環境に対する開発が人々の生活にどのような影響を及ぼすのか、また、資源や環境の有効利用を、技術によってではなく、制度や人の営みの仕組みによって実現するとしたら、どのようなやり方があり得るのか、ということを開発途上国における事例に対して研究しています。